内反小趾の治し方.com » 美容のためのダイエット

美容のためのダイエット

数ある美容のための減量方法の中でも割とメジャーなタイプである食事制限による方法の一つに炭水化物を控えるというやり方があります。

お米やパン、パスタなどいわゆる主食として食べられている食材に多く含まれている炭水化物を極力取らないようにすることで減量する方法で欧米で広く行なわれているやり方なのだそうですが、果たしてお米やパン、パスタなどを極力取らないようにすることは美容のために痩せることに本当に必要なことなのでしょうか。

そもそもどうして取らないようにするのかというと、炭水化物は非常に脂肪になりやすい栄養素だからなのだそうです。

消化されたあとすぐに身体を動かすためのエネルギーに分解されてあっという間に燃焼されるそうなのですが、この時過剰に取っていると余った栄養素が体内に脂肪となって溜まってしまうことからこれを抜くことで脂肪が増える可能性を減らすのが美容に効果的という意見が出たのですが、1つの栄養素を抜くことは体にはあまりよろしくないという研究結果も出ています。

主食を抜くことによってまず起こるのがエネルギー不足です。炭水化物によって作られるブドウ糖は脳や神経などの唯一のエネルギー源のため、これがが不足してしまうと脳や神経の働きが鈍ってきてしまいます。

そうすると仕事などの作業能率が悪くなるなど普段の生活に支障をきたす恐れがありますし、これが不足すると肝臓に負担が掛かって体臭がきつくなることもあるのでそういったデメリットを考えると、この方法はあまり美容に有効なやり方とはいえないでしょう。

この方法が生まれた欧米では日本よりも肉類を多く取る生活を続けていますが、日本では米などの穀類を多く食べてきたため、そもそもこの方法にむいていない身体をしているのだといいます。

そうでなくても一部の食材を抜く美容のための減量は身体に掛かる負担が大きいのでもっと栄養バランスを考えた食事を取り美容と健康に気をつけましょう。