内反小趾の治し方.com » 団地リノベーション

団地リノベーション

団地とは、計画的に一つの場所にまとめた住宅のことです。数十年前は団地がたくさん建設されていました。今は団地もたくさん建てられたため、新しく開拓した土地に団地が建てられる場合がありますが、一昔前のような画一的な作りではありません。

団地のリノベーションとは、こういった築年数にして30年以上経っている団地マンションのリノベーションのことを指すことが多くなっています。特に団地マンションは、建て替えが難しく、過去の事例をみても実現しているものは少ないといえます。

成功している事例としましては、立地条件がとてもよかったり、容積率に余裕があったりとその物件特有の事情によって、建て替えすることにメリットがある場合です。

しかしながら、多くの団地マンションは、建て替えられないケースがたくさんあります。そのようなニーズに答えることができるのが、実はリノベーションなのです。

リノベーションならば、建物の躯体のみにまで解体して、古くなった水周りの給配水管を交換することができます。実は、マンションはコンクリート自体は100年は、持つという話なのですが、これは本当にコンクリートのみなのです。

その他内装としての給配水管なバス・トイレなどはやはり20年が寿命であることが多いです。となるとせっかくのマンションでも何かしら修繕を加える必要があります。

最近建てられたマンションでしたら、そのような出来事を想定しており、修繕しやすくなっています。しかし、築年数のたった団地マンションでは、そこまで想定されていませんでした。

リノベーションがその難題に光を当て、問題解決することができるようになりました。さらに、建物全体はもちろん一戸のみでも実現できます。

最初は同じような間取りのマンションだったとしても、さらに機能が向上したオリジナルな団地マンションが出来上がるわけです。

愛着のある自宅を自分の思い通りに作り変えて住むというのは、もしかすると理想の住まいとなる可能性があります。それが新築ではなくて、中古だったとしても満足度は同じなのでしょう。