内反小趾の治し方.com » 椎間板ヘルニアとゴルフ

椎間板ヘルニアとゴルフ

椎間板ヘルニアは背骨と背骨の間にある椎間板に強い負荷が掛かることにより発病します。そのため身体に大きな負担が掛かることが多々あるスポーツ選手には椎間板ヘルニア患者が多いといいます。

筋力トレーニングなど基礎体力作りを欠かさないであろうスポーツ選手にも居るくらいですから、あまり基礎体力作りをしていない一般の人はさらにヘルニアの可能性が高まります。

そうしたスポーツの中でも特にゴルフは腰に掛かる負担が非常に大きいとされるスポーツです。ボールを打つときのスイングは腰を大きくひねる動作があり、腰に掛かる負荷は非常に大きなものになります。

常に筋力トレーニングを行って腰周りの骨を支える筋肉を鍛えている方やプレイ前に柔軟体操をしっかりと行っていれば腰に掛かる負担はある程度軽減できますが、ほかの運動はまったくしていなかったり、準備運動を怠っている人はまったくほぐれていない身体に負荷がモロに掛かってしまい、ある日限界を迎えてしまいます。

こうしたトラブルを防ぐために基礎トレーニングや準備運動は欠かさないようにしましょう。また、スイングの際の腰への負担はスイングのフォームを改善することで軽減することが出来ます。

プロの選手のスイングは正常なフォームをしっかり取っており下半身のブレはほとんど見られません。こうした正常なフォームは飛距離を伸ばすだけではなく腰の負担を減らすことにも一役買っています。

靴やサポーターといった道具も良いものを使えば体重移動の手助けになったり体の負担を減らせたりと腰の負担を減らすのに非常に役立ちます。

このスポーツを続けながら椎間板ヘルニアになる確率を減らす手段は、腕を上げることです。正しいフォームを心がけ、基礎体力や柔軟性を別のスポーツや筋力トレーニングなどで上昇させればスコアも伸びて腰の負担も減るという一石二鳥な効果を得られます。しっかり練習して高スコアと健康を手に入れましょう。