内反小趾の治し方.com » 健康と子宮筋腫

健康と子宮筋腫

子宮筋腫とは、子宮の筋肉の壁にできる良性の腫瘍のことで、30歳以上の女性の発症確率は3割以上と子宮の病気の中で最も多い発症率を持っている病気です。良性とは書きますが、子宮筋腫は健康に悪い影響を与えるものです

また子宮がんの場合は悪性の腫瘍となり、健康に大きな影響が出ます。子宮筋腫ができる原因ははっきりとわかっていませんが、家系に経験者が多い場合は確率が高いと言われています。またライフスタイルの欧米化傾向の上昇も健康を崩す原因として考えられます。

子宮筋腫で健康状態に害のある症状としては、無症状のケースも多くありますが、月経の異常や不正出血、貧血や排尿障害、便秘や腰痛などが主な健康に害の出る症状です。

月経の異常では、月経時の出血量が増えたり、レバー状の血の塊がでることもあります。また月経がひどくなると下腹部に痛みが出たり、頭痛や不安感なども起こります。月経の周期の乱れについては、月に2,3度ある場合があります。

月経時以外の出血や、これらに伴った貧血、また骨盤内にある膀胱や直腸などが圧迫を受けて頻尿や排尿障害などの健康障害が起こります。

また、筋層内筋腫や粘膜下筋腫のケースでは、子宮内膜に受精卵が着床するのを阻害することで不妊症の原因となることがしばしばです。その他、筋腫の場所によって流産や早産が起こります。

健康に戻すための主な治療法として、まず経過観察があります。比較的小さな筋腫の場合、また健康について悪い症状の自覚が特に無いケースですが、閉経後の場合も定期的に診察をして、経過観察をします。

また手術をする前に薬物を投与することがあります。閉経が近くて手術を希望しない場合も薬物療法を用います。筋腫を小さくする薬剤や、月経異常を和らげ健康に近づけることもします。不妊の原因として明らかな場合、筋腫自体の増大速度が速い場合などは手術をします。

子宮筋腫の治療では、基本的な年齢や症状、筋腫の大きさなどを充分に踏まえ、医師のアドバイスをよく聞き、患者の状況や希望を充分に伝えてから、充分な納得の上で治療法を選択することが大切です。コミュニケーションやカウンセリングが充分だと判断できたら、治療もほぼ間違いないと言えます。