内反小趾の治し方.com » 頚椎ヘルニアとオステオパシー

頚椎ヘルニアとオステオパシー

頚椎ヘルニアでカイロプラクティックにかかる方は多くいらっしゃいますが、このカイロとはちょっと違う治療法として、オステオパシーがあります。

これは、実はカイロよりも早く生まれた治療法です。日本では西洋方式の手技といえばやはりカイロ、という方は多いですが、この技術もカイロ同様、頚椎ヘルニアに高い効果が認められています。1874年に誕生した治療法で、関節や筋肉、そして内臓にも働きかけます。

簡単に違いを説明すると、カイロでは骨に働きかけるのに対し、オステオパシーでは筋肉に働きかけます。また背骨や骨盤などの歪みに着目するカイロと比べ、全身を矯正し頚椎ヘルニアを改善していきます。

筋肉の機能を取り戻し、また筋肉が骨の歪みを整えていく、ということは、直接骨に負担をかけるのではなく、軟部組織である筋肉を使用することです。つまり間接的で負担がより少ない方法である、とも言えます。

オステオパシーも健康保険適用はできません。つまり日本で言う民間療法に当たりますが、西洋医学的にはとても高い地位を得ているのです。

オステオパシーでは身体の全ての組織は密接に関わりあっていると考えます。筋肉や骨、循環器、内臓器などが全て関わりあっていますので、それぞれの影響を考えながら治療をします。また骨や筋肉を構造と捉え、内臓や循環器は機能となります。

また人間が持っている自然治癒力については、カイロよりもその有効性を重宝します。この技術は、体にかかる負担を徹底的にそぎ落とし、限りなくソフトな治療法を基本としています。

日本ではまだ認知度が低いですが、今後は民間医療、または代替医療の普及とともに注目されてくると考えられます。

頚椎ヘルニアが1年以上経過した場合は、この療法を受けてみるという方も増えています。緊張が肩や首にあるというよりも、内臓に溜まってしまってる、というアプローチをし、人によってその臓器にも色々と違いがあるようです。