内反小趾の治し方.com » 腰部脊柱管狭窄症と整体

腰部脊柱管狭窄症と整体

整体での腰部脊柱管狭窄症の治療は有効なのでしょうか? あるいは治療法自体はあるのか、整形外科での治療の効果に満足できなければ、多くの方が整体を考えると思いますが、実際には外科のように患部の狭窄そのものを操作するような方法は無いといえます。

またしかし、腰部脊柱管狭窄症に伴う症状を緩和させたり、何かしらの負荷がかかっているのであれば、その部位を改善させる、という方法を取ることが可能です。

また骨盤矯正をすることで、全身の血行を高め、自然治癒力を増すことができるというメリットがあります。これにより、腰部脊柱管狭窄症そのものの症状を和らげることが可能です。

筋肉や骨格を主にとらえ、それらの歪みを取り除けば、神経の働きも正常化されます。また筋肉が正常に機能し、背骨をサポートすれば、背骨自体が正しい位置に戻って、骨に起こっている狭窄状態を軽減させ、やがては神経圧迫や牽引自体を取り除くことも不可能ではありません。

つまり、筋肉と骨格の歪みを改善し、筋肉の働きが正常化することで、骨への負担が改善され、神経の圧迫が取れる、というステップが整体でのもっとも理想的な腰部脊柱管狭窄症の治療におけるステップであると言えます。

またこの方法のメリットとは何か、整形外科のほうが確実なのではないか、と考える方もいらっしゃいますが、基本的に整形外科とは治療の根本から違うと考えるべきです。

鎮静剤や麻酔などで症状を抑えたりするのではなく、むしろ狭窄症の原因となる部分を徹底的に攻めることで、根本からの改善ができます。また外科手術のような思い切った手段ではなく、常に身体に優しい施術をするのが基本にあります。

ほとんどの整体院はリラックスして受診することができ、またそれほど混んでいるところも少ないため、外科よりも早期に効果が実感できます。そして最も大きなメリットは、他の病気の兆候、健康を害している部位も合わせて治療できる、というところです。

しっかりとしていて自分にマッチしたところを選べば、狭窄症は必ず解消できるとも言えます。