内反小趾の治し方.com » 手術をする場合について

内反小趾の手術について

内反小趾の変形と痛みが酷くて外科治療ですぐになんとかしたいという人もいるでしょう。しかし内反小趾でそのような対処を行う場合は外反母趾の時以上に注意が必要です。

この病気の治療自体は基本的には、保存療法だけで改善ができるものです。まず、これを大前提に考えてください。必要のない手術で体を傷つけることはお薦めしません。

変形が完全に治らないこともありますが、それでも痛みもなく日常生活に問題ない程度まで改善することは十分にできます。

ですが職業上の問題でどうしても綺麗な足に戻したいという方や、あまりの痛みに耐えられないので保存療法は待っていられないという方、その他事情があって強固な意志を持って望まれる方には、手術を行うことがあります。

この場合の手法は基本的には外反母趾とほとんど変わりません。骨を切って余分なところを削り、改めてつなげ直すという手法です。

しかし親指と小指ですから、大きさに明らかに違いがあり、小さい方が処置をしにくくなります。また、親指に比べて小指の方が細く、脂肪も少ないですのでそういった意味でも難易度は高いと言えるでしょう。

ですので、どうしても外科治療を望むという場合には、本当に信頼できる腕の良い医師を探すようにしてください。また当然ですが、内反小趾について良く知っている医師を探すべきです。

内反小趾は外反母趾と同じような原因と症状ですが、この病名は悩んでいる人の多さに比べると非常にマイナーです。整形外科医でもこの病気をよく知らないとうい場合もありますので、できれば大学病院などの大きな病院か、足専門の看板を掲げる整形外科を探すようにしてください。

さて、術後のケアですが、このあとの対応も外反母趾とほぼ変わりません。外科的処置で変形を治し痛みの原因を緩和させることができますが、これは対症療法です。

原因を取り除かなければまだ内反小趾は悪化してきますので、テーピングでの矯正や正しい歩き方と姿勢への意識は続けて、再発しないよう心掛けましょう。