内反小趾の治し方.com » ストレッチポールと体幹

ストレッチポールと体幹

ストレッチポールは健康器具として紹介されることがほとんどですが、その効果は専門領域にも深く関わり、スポーツ選手や腰痛の治療など、幅広い用途があります。

また健康器具といっても大きな器具でもなく、一見ただの棒とも言えるシンプルなツールです。低密度のポリエスチレンを使用した、ポール状の支えのようなものです。

またストレッチポールは体幹の深層にある筋肉を鍛えることができるツールです。深層筋を鍛えると、基礎代謝をアップさせることができ、ダイエット、またその中でも腹部の脂肪が気になるという方に特にお勧めです。

体幹が衰えると、内臓を支えることができずに、内臓全体は下方に下がってきます。このことで、腹部の周りに内臓が集中してしまい、でっぽりとした腹部になってしまいます。また背骨のほうも内側から圧迫させることで、猫背の傾向が強くなります。

体幹はコアと呼ばれ、このコアをトレーニングすることによって、腰痛や肩凝り、猫背や骨盤の歪み、O脚傾向など、実に様々な体の悩みを解消することができます。

姿勢の悪さや腰などの慢性の痛みは、過去の習慣の積み重ねによって起こるのが常です。徐々に気付かない部分で悪化してきます。コアトレーニングをすることで、骨や関節、筋肉の動きを正し、整えて姿勢の改善、ゆがみの解消、慢性痛の予防などに効果があります。

またコアを鍛えると、姿勢がよくなりますので、筋肉のバランスがよくなって、効果の高いシェイプアップとしてもお勧めです。

もちろんストレッチポールエクササイズは、コア意外のトレーニングやストレッチ、リラクゼーションにも高い効果があります。

コアをトレーニングしたら股関節や骨盤、足や手など、幅広い部位をトレーニングすることで、相乗効果が高まり、怪我のしずらい理想的な体を維持することができるようになります。

まずはストレッチポールの基本ポジションの方法を体得すれば、それだけでも開放的な体になることが実感できます。