内反小趾の治し方.com » 変形と痛みについて

内反小趾の変形について

内反小趾の症状には様々な痛みを伴います。変形していく際に痛むのはもちろんのこと、ある程度その進行が落ち着いて楽になったと思ったら今度は出っ張ってしまった箇所が靴に当たって酷く痛んだり、足の裏が痛くなるということもあります。

どれも内反小趾が原因となっているものですが、それぞれに少しずつ対処法は異なります。変形している最中、つまり進行中のものに関してはこの症状を抑える対処が必要です。

テーピングで正しい形へと誘導と矯正を行い、同時に歩く時の姿勢をしっかりと見直す保存療法で症状の改善を目指す形になります。

これはこの病気の治療の基本になりますから、炎症がないときであればこれに加えてストレッチも行うなどして改善させていきます。

しかしこれらはすぐに治るわけではありません。ある程度進んでしまっている場合にはすぐには治りませんし、そうなると出っ張ってしまった部分が靴に当たって痛い、ということになります。

しかしかといって痛くならないように緩い靴を履いてしまうと症状の悪化を招きます。足に合わない靴は、内反小趾をただただ悪化させてしまうだけなのです。

ではどうするかと言いますと、出っ張ってしまった部分が当たる箇所のみを軽く伸ばします。こうすることで足に合った靴でありながら変形した部分が当たって痛いという症状はある程度改善することができるのです。

さて、足の裏が痛いという場合には、内反小趾の症状により上手く歩けなくなった足はその一部にだけ強い負荷がかかってしまい、結果、タコや魚の目ができてしまいます。

つまりは、こちらは痛むようになったと思ったら随時対処療法で治していくということになります。内反小趾自体が完治し、正しく歩けるようにならなければ負荷がかかることには変わりませんから、出来てしまったタコや魚の目を逐次撃退していくというわけです。

市販薬で治すことが可能ですが、タコや魚の目をできにくくするために、緩衝能力の高い靴底を選んだり、中敷きを入れたりすることが対応策となります。