内反小趾の治し方.com » 緩い靴を選んでしまった場合

内反小趾と靴

内反小趾で痛みや変形が出てきた場合、痛いからといって緩い靴を履く人がいます。たしかに変形箇所がぶつかることがなくなり、痛みは和らぐかもしれません。

しかしただ幅の緩いものを履くだけでは、かえって症状を悪化させることになります。ここでは、その原因を簡単にご説明します。

内反小趾のそもそも原因は、足裏のバランスが悪いことです。ここでバランスが崩れていると、本来は足裏全体で吸収するはずの、歩く際に発生する地面との衝突の衝撃が吸収されずどこかに偏って大きな負荷がかかってしまいます。

これを続けた結果、足の小指が親指側へ変形していってしまうのです。さてここで、変形箇所が当たらないよう、痛くならないよう緩いものに履き替えたらどうなるでしょうか。

横幅の広い靴を履くという事は、大きめのものを選んでしまうということで、足が中で泳いでしまうようなものを履くという事でもあり、それはつまり、合わないものを履いているという事です。

足に合わない状態で歩いていればますます足裏のバランスは悪くなり、症状さらに悪化してしまいます。大切なのは、しっかりと正しく歩くために自分に合ったものを履くということです。

また、地面との衝突の衝撃を和らげるため、クッション機能の高いインソールを入れるのも良いでしょう。またさらに重要なのは、原因は他にもあるということです。

もうひとつの原因は、本人の姿勢と歩き方です。しっかりと地面の衝撃を吸収し身体に余計な負荷をかけない、正しい姿勢と歩き方をしなければ、内反小趾は完治できません。

逆に、姿勢と歩き方だけ治しても合わない履物のままではやはり内反小趾の完治は望めません。両方ともの状態をしっかりと改善して、地道にテーピングなどでの矯正を続けていくことでこの症状は完治させることができます。

ただし変形があまりにも進んでしまうと、完全に元に戻ることは難しいです。ですから、早い段階で自分の症状を自覚し、しっかりとした保存療法を始めるようにしましょう。